Blog

明るい画面は目に毒?パソコンの明るさ調整などについて

パソコンを長時間利用するなら画面の明るさ等を調整

現代社会ではパソコンは仕事から趣味から様々な場所で使われていますよね。そして、そんなパソコンを利用する時に、気をつけなければならないこととしては、パソコンの画面調整です。購入した状態のまま、何も設定しないで利用している方も多いですが、そのままだと画面が明るすぎたりして目に悪影響を与えかねません。なので、パソコンを長時間利用する時には、まずはその明るさ調整をして目に優しくすることが重要になってきます。

明るすぎる場合は暗くし、壁紙なども変えるのも手

そして、具体的な明るさ調整の手段としては、まずは画面の明るさを調節する方法があります。ブラウン管及び液晶ディスプレイの殆どが、その明るさを調節するボタンが付いています。長時間パソコンを利用する時に、画面が明るすぎると感じた時には、ディスプレイにある明るさを下げるボタンや、オプション設定から画面を暗くして行きましょう。ちなみに、目に悪影響を与えると言われているブルーライトをカットするのも有効な手段です。

明るさの他にも、画面の映りこみも防止しましょう

ちなみに、明るさ調整以外に大切なポイントとしては、画面に蛍光灯などの光が反射しないようにすることです。角度によっては天井などに設置してある照明の光が、パソコンのディスプレイに映ってしまう場合もありますが、その時はレイアウトを買えたり、反射防止フィルムを使うと便利です。また、パソコンの壁紙などが白基調のものとなっていたら、それを黒基調のものに変えるだけでも明るさを抑えることが出来ますので、そんな方法も使って目を守りましょう。

中古パソコンは、価格がやすいだけでなく、コストパフォーマンスがとても良いので高性能のパソコンがお手頃価格で購入できます。