Blog

ecサイトで行ってはならない!?その内容とは?

メルマガは必ず配信希望者のみで

ecサイトを運営する場合、リピーターを求めるあまりメルマガを配信しようと思ってしまう事がありますよね。メルマガ希望者以外の方に配信する内容は大きなリスクを背負う事になりますよ。人は押されれば、体を支えるために反発の力が生まれます。その反発は無意識に遠ざける思いへと変わる可能性だってありますよ。又、無料メールなどを提供しているフリーメールを扱っている場合、迷惑メールとして処理されれば、それは、スパムメールとして判断をされ、他の方にも影響を与えてしまうリスクがあります。

無地のダンボールでの発送

ecサイトを運営すれば、少しでも商品の値段を下げるために経費を下げようと考えてしまいますよね。その中で、出来るだけ安く抑えるために無地の箱やダンボールを扱う事もあります。これは、商品を実際に利用する方が本人であれば問題はありませんが、他の人にプレゼントする場合は魅力的な物では無いと判断される可能性だってありますよ。オシャレであれば、再び利用したいと言う思いを作り出す事だって可能です。ショップ名などが記載されていれば、宣伝効果としても期待できますよね。

お問い合わせに対する遅い返答

ecサイトで最も行ってはならない内容とは、ユーザーにストレスを与えない事ですよ。お問い合わせに対して受け答えが遅ければ、ユーザーにストレスを与えて競合ショップに人が奪われてしまう可能性だってあります。少なくても、お問い合わせのチックは、一日3回、朝と午後1時と、午後6時に行う事が大切ですよ。お問い合わせがあれば、ただ応対という簡素な処理をするので無く興味を抱いているユーザーである事を認識する事が重要です。その様な思いで応対すれば、返信する文章に対する質が向上して利用を最大限に促して行く事も出来ますよ。

お客さんと繋がるecサイトは、ショップの顔とも言え、魅力的なものでなくてはなりません。ecサイト構築は、一から作るのは難しいです。テンプレートを使うと非常に簡単です。