Blog

ネタにしたら嫌われる!女性の3大イベント

結婚はまだ?余計なお世話です

適齢期の女性を見ると挨拶の様な軽いノリで、結婚はまだ?と聞く人は多くいます。たとえ相手が身内でも、プライバシーにかかわる事を世間話のノリで軽く聞いたなら確実に嫌われます。どんなに美人で相手がいそうに見えても、結婚はいいと本人が言っていても本心は分かりません。結婚は相手がいないとできない物だし、その人の恋愛がうまくいっているとは限らないからです。人に良い奥さんになってほしいと思う前に、自分が相手の気持ちを考えられる人になるべきです。

子供はまだ?確実に恨まれます

経済的な理由で子供をあきらめる人、希望するけどさずからない人等様々な理由で子供がいない夫婦がいます。子供がいるのが当たり前の考えの人にとってはヤキモキして、つい口を挟みたくなる気持ちも分かります。しかし本人がすごくがんばっているのに、夫婦以外の人に言われたら嫌悪感を示す人が大半です。子供の有無は夫婦のプライバシーであり、絶対に触れてはいけない話題です。悪気はないがしつこく聞いて嫌われた人は多くいます。

もっとこうすれば良い!子育ての口出し

初めて子供が生まれると分からない事だらけの中、一生懸命子育てします。赤ちゃんは基本夫婦の物であり、夫婦の方針があります。なのに自分の方針と違うからと意見をおしつけては嫌われるだけです。まして義理の実家の場合は嫁が我慢する場合が多く、遺恨を残します。このように女性の3大イベントと言われる結婚、出産、育児を最大のプライバシーと考え、相手の考えを尊重することは今後よりよい関係でいる為に非常に大切なことです。

シュレッダーは内部に搭載されている刃が劣化すると機能が低下して使用が困難になります。使用する際は必ず少量ずつの裁断に留め、低規定に内部の清掃を行って刃の負担を軽減させることが大切です。